TK式コミュニケーション力を高めるワーク

著 者 田中教育研究所 編
渡部 玲次郎 著
適用範囲 小学生
中学年用・高学年用
実施時間 各40分
価 格 定価…420円
(用紙…180円+診断料…240円)
実施要領…無料
利用手引…550円(学年共通)
内容・特色

いじめや不登校など、学校で起きているさまざまな問題の背景には、子どもの不適切な自己表現やコミュニケーション能力の不足があると考えられています。コミュニケーション力を高めるワークは、子どものコミュニケーション能力について総合的に診断し、学校での指導にいかすことを目的としています。自己表現やコミュニケーション能力を高めることは、対人関係に関するさまざまなトラブルの予防や解決に役立つだけでなく、よりよい人間関係の構築にも繋がります。

  • 不登校やいじめの原因となる不適切な自己表現タイプの児童を発見できます。
  • 不適切な自己表現タイプの児童への具体的な支援・介入方法がわかります。
  • 学級のコミュニケーション状態を把握でき、よりよい学級環境を築く手がかりが得られます。
  • 前回の結果と比較することで、 トレーニングの効果を学級集団として客観的に測定できます。
実践研究

コミュニケーションに支援が必要な児童への
学級単位のアサーショントレーニングに関する実践研究
 ― TK式コミュニケーション力を高めるワークを活用した授業づくりを通して ―
金子, 聡,渡部, 玲二郎 -- 茨城大学教育学部,2019-1-29,茨城大学教育学部紀要. 教育科学 Vol.68 p.567-582 紀要論文
茨城大学のホームページから論文をダウンロードしてご覧いただけます。
※論文への直リンクは禁止されおります。

※検査の仕様は予告なく変更される場合がございます。詳しくは検査見本、カタログをご確認ください。